トランクルームに住んではいけない理由とは?法律上NGです!

トランクルームに住んでみようと思っても実際に住んではいけませんよ!
なぜなら、それは違法だからです。
トランクルームは住むところではなく荷物を収納するところなんです。
住んでいることがトランクルーム会社に知られると場合によっては強制解約、最悪は逮捕ってことにもなりかねません。
そこで今回はトランクルームに住んではいけない理由と、なぜ違法になるかについて詳しく解説をしたいと思います。

トランクルームに住んではいけない理由とは?法律上NGです!

トランクルームに住むと違法になると言うのは本当です!

トランクルームは住むと違法になると言うのは本当です!
トランクルームは「倉庫業法」という法律に基づいて厳格に運営されているからです。
またトランクルームは人が住むことを前提には作られていないので火災などの問題も出てくるんです。
だから安易に考えてトランクルームに住んでしまって万が一、トランクルーム会社に見つかると強制解約、最悪は違法と言うことで警察に連絡をされるかも知れません。
また、トランクルームは倉庫として申請し国土交通大臣の登録を得たものだから住民票も取ることはできません。

収納の作業のために長居をするのは仕方ないと思いますが宿泊までするとトランクルーム会社から何か言われるかも知れません。
それに、トランクルームとの契約書(約款)には寝泊まりは禁止ということがしっかりと書かれています。
少なともキュラーズの約款には禁止と書かれています。
それにトランクルームに住むことで万が一、トランクルーム会社になんらかの損害や損失を与えてしまうと損害賠償請求されることもありますので家賃より安いからと安易に考えない方が良さそうですよ。

トランクルームは住むところではなく収納する場所です

そもそもトランクルームは住むところではなく荷物を収納する場所です。
トランクルームには、お風呂や洗面所もありません。
空調設備が設けられたトランクルームはありますが、お風呂や洗面所、それにコンセントもありません。
トイレはありますがトランクルームから離れているし不便でとても暮らせるものではないと思います。
また監視カメラが設置されているトランクルームも多いので不審者と思われるでしょう。
定期的な巡回点検もありますので住むことはまず無理と言えます。

 

探せばあるトランクルームより安い激安アパート

トランクルームより安いアパートやマンションも探せば実際のところあります。
世田谷で1R 管理費込で24,000円という物件もあるんです。
多少駅から遠いですがそれでも激安です!
一方、屋内型トランクルームを世田谷で借りると4畳で約30,000円から50,000円という費用がかかってしまいます。
ですので必ずしもトランクルームが安いと言うことはありませんので、適切に法律や規則に従ってトランクルームを利用しましょう。

 

キュラーズの解約方法や解約時の注意点を知りたい方はこちら

 

キュラーズは解約もとても簡単!解約方法と解約時の注意点をご紹介

キュラーズと契約する前に解約方法しっかり知っておきたいですよね。
空調設備やエレベーター・無料駐車場など設備が整っていて使いやすいトランクルームのキュラーズですが、不要になればすぐにでも解約はしたい。
でもすぐに解約ってできるのでしょうか?
その時解約金とか補修費用も払わなければならないんでしょうか?
借りる前から不安と疑問が出てきて契約を躊躇してしまいます。
そこでキュラーズの解約について調べてみましたのでご紹介致します。
キュラーズは解約もとても簡単!解約方法と解約時の注意点をご紹介

キュラーズの解約はとても簡単

キュラーズの解約はとても簡単♪
というのも「解約通知書」を提出するだけ!
解約をしたい月の前月末日までに提出すれば手続きは完了。
キュラーズの公式サイトからダウンロード、またはWEBから提出することができるようになっています。
その解約方法には以下の方法があります。
・WEB
・郵送
・FAX
・来店

WEBに解約フォームがあってそこから利用店舗、ユニット番号、解約予定日、契約者名、登録電話番号、メールアドレス、解約理由を入力するだけで解約ができます。
このWEBからの方法が一番簡単なのでオススメです!
メールアドレス、解約理由は必須ではありませんので入力する必要はありませんが、メールアドレスは解約受け付けのメールが届きますので入力はした方が良いと思います。

郵送の場合は解約をするトランクルームがある店舗へ郵送して下さい。
来店の場合も同じく解約をするトランクルームがある店舗へ提出します。
ただし、来店の場合は契約者本人(法人の場合は契約担当者)が行って提出する必要があります。

それぞれの提出先やFAX先をまとめましたのでご覧下さい。

[解約通知書の提出先(WEB以外)]
来店:ご利用店舗
FAX:03-6867-0240
郵送:利用店舗あて

解約通知書を提出したらあとは、解約日までにユニットから荷物を搬出するだけです。

解約時の注意点

キュラーズのトランンクルームの解約で2つの注意点があります。
まず1つ目がFAXや郵送で解約通知書を提出する場合は到着日、来店で提出する場合は店舗スタッフが受け取った日が受理日になります。
ですので郵送の場合、到着日が万が一、月をまたいでしまうと希望の解約日が1ヶ月遅れてしまうことになるんです。
また余計に月額費用を支払わなければならなくなるので注意しましょう。
解約手続きは時間に余裕をもっておこないましょう!

2点目が賃料は日割りで戻ってこないということです。
月の半ばで解約しても残念ながら解約月は日割りにはならないんです。
できるだけ月末まで使った方がお得ですね(^^♪

解約できない場合もある!

解約できない場合もありますので注意が必要です。
それは、以下の2つの場合に起こります。
・解約通知書を期日までに提出しない場合、または到着しなかった場合
・解約日までにユニットに収納している品物を出さなかった場合

これらが発生した場合、契約が更新され、引き続き利用料金の支払いが必要になります。
ですので早め早めの手続きをするようにしましょう。

 

解約時でもスタッフの対応は良い!

キュラーズは解約時でもスタッフの対応は良いです。
これはキュラーズの公式サイトにあった口コミですがこれから借りられる方の参考になればと思います。

キュラーズ蔵前店
いつも大変便利に利用させて頂き感謝して折ます。
契約時も解約時もスタッフ納品方には親切丁寧に対応して頂き助かってます。
今後も、利用し続けたいと考えてます。

公式サイトだから良い口コミだけ載せていると思いでしょうが、そうではないようです。
というのもよく見ると悪い口コミもちゃんと投稿されています。
ますますキュラーズの印象も上がりますね(^^♪

 

キュラーズのより詳しい設備状況やご契約はこちらからどうぞ