キュラーズの支払いはクレジットカードや口座振替・引き落ができる?

キュラーズ支払い方法には、口座振替・銀行振込・現金払いの3つの支払い方法があります。
初期費用のみクレジットカードで支払うことができます。
クレジットカードや現金払いで初期費用を支払うと即日からでもトランンクルームを利用することができるんですよ。
ただし、支払い方法によっては振替日やお支払い期日が違ってきますので注意が必要です。
支払いが遅れるとトランンクルームにアクセスできなくなったり、最悪は収納品を処分されることにもなりかねないので注意しましょう。
そこで今回はキュラーズの支払い方法についてご紹介を致します。

キュラーズの支払いはクレジットカードや口座振替・引き落ができる?

3つのお支払い方法

キュラーズのお支払いには3つの方法があります。
それは口座振替・銀行振込・現金払いです。
初期費用だけはクレジットカード決済できますが、月額料金にはクレジットカード決済は利用できないんです。
使用できるクレジットカードは、JCB・VISA・MasterCard・AMEXです。

口座振替でお支払する場合の振替日は、前月26日(休日の場合は翌営業日)です。その際の手数料はキュラーズが負担します。

また、銀行振込と現金払いの場合のお支払い期日はご利用月の前月15日(15日が休日の場合は前営業日)となります。銀行振込の際の手数料はお客様負担となりますのでご注意下さいね(^^;

現金払いの場合は、事前に来店日時をご連絡すると対応がスムーズに運びます。
ただし、店舗スタッフ応対時間は、10:00~17:00ですのでご注意下さいね。
支払い可能な方は契約者ご本人、又は緊急連絡先に登録されている方に限定されています。
法人の場合は契約担当者になります。

また、「キュラーズ利用申込書(お客様控え)」に振込先の口座情報が記載されています。
キュラーズの振込先

 

お支払いが遅れると!?

利用月の前月末日までに入金の確認ができない場合は、キュラーズより「QURAZ未入金案内」という件名のショートメールが届きます
また、それと同時に督促手数料も加算されます。

入金の確認ができるまでセキュリティカードが無効となり、収納品を処分されることにもなりますのでくれぐれも支払いは遅れないようにしましょう。

督促手数料など、お支払い金額や振込先の口座については、SMS通知サービスで届いた件名「QURAZ未入金案内」にて確認できます。

支払いが遅れたり、残高不足で月額料金が落ちないことを防ぐため、毎月の支払い日前日にスマートフォンの通知機能を使ってアラームが上がるなど工夫をしておけば大丈夫ですよ(^^♪

大事なトランクルームにアクセスもできなくなってしまうので皆さんご注意しましょう!

 

キュラーズの解約方法や解約時の注意点を知りたい方はこちら

 

キュラーズのサイズはロッカーサイズから5畳まで!使い方をご紹介

トランンクルームに保管されている荷物で一番多いのは何かご存知でしょうか。
トランクルームに保管している物で1番多いのが家具なんです。
次いで書籍や雑誌、アウトドアやレジャー用品、家電、衣類の順だそうです。
また、ダンボールの個数では4~5個、次いで6~10個が多かったようです。
キュラーズのトランンクルームも様々な利用者からの要望に応えるためサイズの違ったトランンクルームが提供されています。
ロッカータイプの小さいなタイプのトランンクルームから引越しやリフォーム時の一時保管として利用できる8畳のタイプまで幅広く提供されています。
その保管する物によってサイズを選ぶことができるので大変便利です。
そこで今回はキュラーズのサイズの種類や使い方をご紹介致します。

キュラーズのサイズはロッカーサイズから5畳まで!使い方をご紹介

キュラーズが提供しているトランクルームのサイズの種類と使い方

キュラーズが提供しているトランンクルームのサイズの種類と使い方をご紹介致します。
店舗によって提供しているサイズや料金が違ってきますのでご注意下さい。

 サイズ こんな使い方がオススメ
BOX

本やアルバム・CD・DVD・趣味のコレクション品など比較的小さめの品物を保管したい方にお勧めです。

BOXタイプには、Box-1、Box-2、Box-3の3タイプがあります。

0.4畳

 

 

サーフボードやスキー板・スーツケース・楽器・パソコンなどアウトドア用品を保管したい方にお勧めです。

 

0.5畳
0.7畳
0.8畳
1.0畳

 

衣類や布団・靴・バッグ・季節家電・ゴルフバッグ・スポーツ用品などを保管したい方にお勧めです。

 

1.3畳
1.6畳
2.0畳 オフィス用品や書類・椅子・パソコン・什器・商品在庫などを保管したい方
2.5畳
3.3畳
4.0畳
5.0畳 引っ越しやリフォームの一時保管や冷蔵庫・自転車・ソファー・家具・電化製品・布団などを保管したい方にお勧めです。
6.5畳
8.0畳

 

トランンクルームの使用上の注意

トランンクルームのご利用にあたっての注意点をご紹介致します。
・預けたものを忘れてしまう
・預けられない品物がある
・温度や湿度に注意する

まず1つ目は、預けた品物を忘れてしまうことです。
どこに置いたか分からなくなり家中を探し回ることになります。
預けた品物はどこかに書き留めておくか、写真で残しておきましょう。

トランンクルームの約款にも書かれていることですが、預けられない品物があります
たとえば貴重な骨董品だとか美術品、食料品、酒類、皮製品、ガソリン、灯油、塗料、ペンキなどです。
その他にもいろいろありますので契約前に一度約款や利用規定で保管できる物をチェックしておくことをオススメ致します。

また、温度や湿度の変化に弱い物はできるだけ置かないようにしましょう。
というのも空調設備が設置されていても、オフィスや自宅と違って温度が小まめに調整されている訳ではないからです。
特に屋外型トランクルームは外気温度差±3とかというトランクルームもありますので注意が必要なんです。

 

キュラーズの解約方法や解約時の注意点を知りたい方はこちら

 

トランクルームに住んではいけない理由とは?法律上NGです!

トランクルームに住んでみようと思っても実際に住んではいけませんよ!
なぜなら、それは違法だからです。
トランクルームは住むところではなく荷物を収納するところなんです。
住んでいることがトランクルーム会社に知られると場合によっては強制解約、最悪は逮捕ってことにもなりかねません。
そこで今回はトランクルームに住んではいけない理由と、なぜ違法になるかについて詳しく解説をしたいと思います。

トランクルームに住んではいけない理由とは?法律上NGです!

トランクルームに住むと違法になると言うのは本当です!

トランクルームは住むと違法になると言うのは本当です!
トランクルームは「倉庫業法」という法律に基づいて厳格に運営されているからです。
またトランクルームは人が住むことを前提には作られていないので火災などの問題も出てくるんです。
だから安易に考えてトランクルームに住んでしまって万が一、トランクルーム会社に見つかると強制解約、最悪は違法と言うことで警察に連絡をされるかも知れません。
また、トランクルームは倉庫として申請し国土交通大臣の登録を得たものだから住民票も取ることはできません。

収納の作業のために長居をするのは仕方ないと思いますが宿泊までするとトランクルーム会社から何か言われるかも知れません。
それに、トランクルームとの契約書(約款)には寝泊まりは禁止ということがしっかりと書かれています。
少なともキュラーズの約款には禁止と書かれています。
それにトランクルームに住むことで万が一、トランクルーム会社になんらかの損害や損失を与えてしまうと損害賠償請求されることもありますので家賃より安いからと安易に考えない方が良さそうですよ。

トランクルームは住むところではなく収納する場所です

そもそもトランクルームは住むところではなく荷物を収納する場所です。
トランクルームには、お風呂や洗面所もありません。
空調設備が設けられたトランクルームはありますが、お風呂や洗面所、それにコンセントもありません。
トイレはありますがトランクルームから離れているし不便でとても暮らせるものではないと思います。
また監視カメラが設置されているトランクルームも多いので不審者と思われるでしょう。
定期的な巡回点検もありますので住むことはまず無理と言えます。

 

探せばあるトランクルームより安い激安アパート

トランクルームより安いアパートやマンションも探せば実際のところあります。
世田谷で1R 管理費込で24,000円という物件もあるんです。
多少駅から遠いですがそれでも激安です!
一方、屋内型トランクルームを世田谷で借りると4畳で約30,000円から50,000円という費用がかかってしまいます。
ですので必ずしもトランクルームが安いと言うことはありませんので、適切に法律や規則に従ってトランクルームを利用しましょう。

 

キュラーズの解約方法や解約時の注意点を知りたい方はこちら

 

キュラーズの無料シャトルバスはどんなサービス?荷物運搬に使える?

キュラーズには無料シャトルバスのサービスがあります。
これは自宅からキュラーズの店舗までの片道だけ、無料で荷物と利用者を送ってくれるサービスのことなんです。
とても便利でお得なサービスですよね。
だって車を持っていない方や運転免許証を持っていない方は、レンタカーを借りたり、運転免許証を持っている方に荷物を運ぶのを手伝ってもらったりしないと行けないからです。
でもその便利なシャトルバスを利用するにもいろいろと制限があるんですよ。
そこで今回はこの無料のシャトルバスについての利用方法や制限などをご紹介致します。
キュラーズの無料シャトルバスはどんなサービス?荷物運搬に使える?

無料シャトルバスは便利だけと制限がある

キュラーズの無料シャトルバスは自宅からキュラーズの店舗までの片道だけ、無料で荷物と利用者を送ってくれるサービスで、とても便利でお得ですがいろいろと制限があるんです。
たとえば、一人1回しか利用することができないとか、利用できるエリアと店舗が限られていることなどがあげられます。
すべてのエリアで無料シャトルバスを利用できる訳ではなく、東京都内なら、杉並区、中野区、世田谷区、渋谷区、目黒区だけの5つのエリアだけピックアップのエリアです。
また、搬入できる店舗も限定されていて、杉並区、中野区なら阿佐ヶ谷店、高井戸店、中野野方店、中野店、中野弥生町店。
世田谷区、渋谷区、目黒区なら、高井戸店、中野弥生町店、駒沢・深沢店、池尻大橋店、用賀店、千歳船橋店、世田谷八幡山店、目黒・都立大学店、目黒店、渋谷富ヶ谷店のみとなっています。
また、利用できる時間も決まっていて「9:45、12:45、15:15」の1日3回しかありません。
さらに最大積載量は、約1.6畳分(奥行2,07m x 高1.635m x 幅1.730m)です。

無料で利用できるのである程度の制限がかかるのは仕方がありませんね。

それから荷物の積み下ろしも手伝ってくれませんのでご自身でお願い致しますね。
でも、いろいろと制限はあるもののエリア内であれば絶対利用すべきだと思います。

利用方法はキュラーズの公式サイトから予約をすることができます。

 

エリア外で無料シャトルバスを利用する裏技

無料のシャトルバスは、ピックアップのエリア内やシャトルバスが搬入できる店舗だけに制限されていてすべてのエリアでシャトルバスを利用できる訳ではありません。
ですので、エリア外の人は利用できなくなるのですが、裏技が一つあります。

それは、無料シャトルバスが搬入できる店舗をご利用中ならエリア外でもシャトルバスを利用できるということです。
それはどういうことかと言うと、エリア外からエリア内までタクシーやレンタカーで荷物を運び、エリア内でシャトルバスを待つという方法です。
この方法だと、タクシー代金が安くなったり、レンタカーを借りる時間が短くなったりと費用を抑えることができます。

 

無料シャトルバスで重くて大きい荷物を優先的に運ぶ

無料シャトルバスでは、重くて大きい荷物を第一優先で運ぶようにしましょう。
小さくて軽い荷物は電車やバスでも運ぶことができますので、車がないと運べない荷物から運ぶようにすると搬入がスムーズに進みます。
どうしても小さくて軽めの荷物をシャトルバスで運びたい場合は、ダンボールなどの箱にいれ一度に多くの荷物を運べるように工夫もしょうましょう。

 

無料のシャトルバス以外にも運搬サービスが利用できる!

無料のシャトルバス以外にも運搬サービスがあります。
それは「レントラ便」です。
このレントラ便はシャトルバスと同じサービスで、有料になりますが運転手付きで荷物を運んでくれます。
料金は、運転手付きのみなら30分3,510円(税込)から、荷物の積み下ろしまで手伝ってもらうなら30分4,390円(税込)から利用をすることができます。
キュラーズの利用者なら5%の割引特典もついているので少しだけお得です(^^♪
無料シャトルバスとは違って利用できるサービスエリアも広く、関東エリアなら東京都,神奈川県,千葉県,埼玉県,茨城県,栃木県,群馬県,山梨県,長野県,静岡県で利用することができます。
その他にもアート引越センターやサカイ引越センターも基本料金20%割引の特典がついてお得です(^^♪

 

キュラーズの解約方法や解約時の注意点を知りたい方はこちら

 

 

キュラーズは解約もとても簡単!解約方法と解約時の注意点をご紹介

キュラーズと契約する前に解約方法しっかり知っておきたいですよね。
空調設備やエレベーター・無料駐車場など設備が整っていて使いやすいトランクルームのキュラーズですが、不要になればすぐにでも解約はしたい。
でもすぐに解約ってできるのでしょうか?
その時解約金とか補修費用も払わなければならないんでしょうか?
借りる前から不安と疑問が出てきて契約を躊躇してしまいます。
そこでキュラーズの解約について調べてみましたのでご紹介致します。
キュラーズは解約もとても簡単!解約方法と解約時の注意点をご紹介

キュラーズの解約はとても簡単

キュラーズの解約はとても簡単♪
というのも「解約通知書」を提出するだけ!
解約をしたい月の前月末日までに提出すれば手続きは完了。
キュラーズの公式サイトからダウンロード、またはWEBから提出することができるようになっています。
その解約方法には以下の方法があります。
・WEB
・郵送
・FAX
・来店

WEBに解約フォームがあってそこから利用店舗、ユニット番号、解約予定日、契約者名、登録電話番号、メールアドレス、解約理由を入力するだけで解約ができます。
このWEBからの方法が一番簡単なのでオススメです!
メールアドレス、解約理由は必須ではありませんので入力する必要はありませんが、メールアドレスは解約受け付けのメールが届きますので入力はした方が良いと思います。

郵送の場合は解約をするトランクルームがある店舗へ郵送して下さい。
来店の場合も同じく解約をするトランクルームがある店舗へ提出します。
ただし、来店の場合は契約者本人(法人の場合は契約担当者)が行って提出する必要があります。

それぞれの提出先やFAX先をまとめましたのでご覧下さい。

[解約通知書の提出先(WEB以外)]
来店:ご利用店舗
FAX:03-6867-0240
郵送:利用店舗あて

解約通知書を提出したらあとは、解約日までにユニットから荷物を搬出するだけです。

解約時の注意点

キュラーズのトランンクルームの解約で2つの注意点があります。
まず1つ目がFAXや郵送で解約通知書を提出する場合は到着日、来店で提出する場合は店舗スタッフが受け取った日が受理日になります。
ですので郵送の場合、到着日が万が一、月をまたいでしまうと希望の解約日が1ヶ月遅れてしまうことになるんです。
また余計に月額費用を支払わなければならなくなるので注意しましょう。
解約手続きは時間に余裕をもっておこないましょう!

2点目が賃料は日割りで戻ってこないということです。
月の半ばで解約しても残念ながら解約月は日割りにはならないんです。
できるだけ月末まで使った方がお得ですね(^^♪

解約できない場合もある!

解約できない場合もありますので注意が必要です。
それは、以下の2つの場合に起こります。
・解約通知書を期日までに提出しない場合、または到着しなかった場合
・解約日までにユニットに収納している品物を出さなかった場合

これらが発生した場合、契約が更新され、引き続き利用料金の支払いが必要になります。
ですので早め早めの手続きをするようにしましょう。

 

解約時でもスタッフの対応は良い!

キュラーズは解約時でもスタッフの対応は良いです。
これはキュラーズの公式サイトにあった口コミですがこれから借りられる方の参考になればと思います。

キュラーズ蔵前店
いつも大変便利に利用させて頂き感謝して折ます。
契約時も解約時もスタッフ納品方には親切丁寧に対応して頂き助かってます。
今後も、利用し続けたいと考えてます。

公式サイトだから良い口コミだけ載せていると思いでしょうが、そうではないようです。
というのもよく見ると悪い口コミもちゃんと投稿されています。
ますますキュラーズの印象も上がりますね(^^♪

 

キュラーズのより詳しい設備状況やご契約はこちらからどうぞ